別府の広告

山は富士、海は瀬戸内海、湯は別府

近鉄電車にあった広告です。

世の中がコロナウィルス感染騒ぎで右往左往するなかで、なんとも呑気で癒される気分になり、シャッターを切りました。

「山は富士、海は瀬戸内海、湯は別府」、別府を観光化の父、油屋熊八が考えたものです。

なんとも、のどかです。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,301*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。