『君が代の意訳』。

「きみ」が
男女(夫婦)が

「代」
時代を超えて

「千代に八千代に」

永遠に、生まれ変わってもなお

「さざれ石の巌となりて」
結束し協力し合い、団結して

「苔のむすまで」
固い絆と信頼で結びついていこう。

君が代は人の愛と繁栄と絆を歌い上げた、祝いの歌だと知りました。

君が代

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,378*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。