精神的にみる『あの戦争は何だったのか』

戦前、戦中、本来、多神教で精神文化であった神道を、軍部が自分達に都合よく、意図的に一神教的に歪め、戦意をあおりました。

敗戦後、占領軍は厳重な教育管理下、歴史や文化を否定し、反日的教育をしいて、愛国心や誇りが持てなくなってしまいました。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,408*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。