当たり前を受け入れる

『そうか!ひじは外側に曲がらなくてもよいのだ』。

禅を西洋に紹介した鈴木大拙師が、大悟した際に、この言葉をあげたそうです。

悟りを得るとは、
「無理なことをして、凄いことができるようになることではなく、与えられた制限にも、感謝して受けいれること」
ではないかと思うようになりました。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,433*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。