制限を寛容する

「ひじ外に曲がらず」。

欧米に禅を伝えていったことでも有名な鈴木大拙師の言葉です。

本当の自由を悟った際に、師は「そうか、ひじは外側に曲がらなくてもいいんだ!」と言葉したそうです。

絶対的な制限(不自由)を完全に受け容れたところにこそ、「絶対的な自由(自由)」が広がっています。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,434*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。