『ブランド』その(4)

モノ作りの確固たる哲学に支えられ、時代を超えて輝き続けるブランドが、自分たちが守り続けてきた伝統にしか手を出しさないのは、それを変更すれば個性を喪失することを知っているからだ。

それは、彼らの自信の表れであり、彼らが旬を保つ為のクラシック性の持続手段でもある。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,449*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする