伝統的ライフサイクル

「七つまでは神のうち」「上座に座る村の長老」。

日本の伝統的ライフサイクル観は、祖先(神様)からスタートし、神様に近い幼児、青年、壮年、を経て、神様の近くの老年を迎え、やがて、祖先(神様)になっていく「円循環型」でした。

だから「老」への敬がありました。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,453*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。