現代的ライフサイクル

現代的ライフサイクル観の背景には「生産性」があります。

誕生し、保護を要する幼児、学習しながら自力を目指す青年、生産性の頂点に立ち社会を支える壮年期、年金を貰いながら過ごす老人、介護を要する最晩年そして死を迎える。

壮年を頂点とする「ピラミッド型」です。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,454*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。