平常時の幸福

災害時に、確固とした幸福感を感じてた者が、平常時には不安定になってしまいがちてす。

それは、「足るを忘れ、他者と比較をとする意識」が働くからでしょう。

その意識は、いつのまにか「幸福競争」のようになり、今あることへの感謝を忘れ、不足や不満な心の原因になります。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,463*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。