出家とその弟子

高校時代に読んだ倉田百三作、「出家とその弟子」を久しぶりに読見ました。

親鸞と歎異抄の作者の唯円の物語です。

高校生の時にも心に残った物語ですが、改めて読んでみると、随分違った深い印象を感じました。

読むその時に応じて、味わい深いものだからこそ名著なのでしょう。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,464*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。