『雨』高野喜久雄(2)

降りしきれ雨よ
わけへだてなく
涸(か)れた井戸
踏まれた芝生
こと切れた梢
なお ふみ耐える根に

降りしきれ雨よ
そして 立ち返らせよ
井戸を井戸に
庭を庭に
木立を木立に
土を土に

おお すべてを
そのものに
そのもののてに。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,524*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。