『爽やかな別れの日に』(2)

ひとたび開いた胸と胸
その胸と胸との奥の奥
きらめきわたった秋空の
あの透明な純粋を
私はこの世の
無常のものとしよう

爽やかな日別れの日から
よしや相見ることの叶わなくとも
私はよもや忘れまい
呼び合う心と心の実在を
刹那の永遠にかけて信じよう

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,556*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。