『海その愛』加山雄三②歌詞

海に抱かれて男ならば
たとえ一つでも命あずけよう
海に抱かれて男ならば
たとえ一度でも嵐のりこえて
遠い国へ行こう

海よ俺の母よ大きなその愛よ
男のむなしさ
ふところに抱き寄せて
忘れさせるのさ
やすらぎをくれるのだ

私は心が疲れ時は、海を見に行きます。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,638*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。