生きることの借り

『生きているということは、誰かに借りをつくること。
生きていくということは、その借りを返してゆくこと。』

作詞家の永六輔さんの言葉です。

借りとは「恩」と言っもよいだろうと考えています、

多くの方々のおかげでやってきた私です。

頂いてきた恩に感謝し、少しでもお返しできればと思います。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,652*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。