西洋(近代)医学

西洋医学は対処療法的であり、病に冒された際に薬で抑え、必要なら悪い部位を手術で取り除き、可能なら人工的に部位を取り換える。

人体を部品で組み立てられた機械のように観ています。

確かに速攻性はありますが副作用や再発、病と薬のいたちごっこのリスクがつきまいます。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,665*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。