渋沢栄一の言葉

「清貧尊ぶべし、清富ますます尊ぶべし」。

明治の実業家、渋沢栄一の言葉です。

清貧とは、人生の目的は経済的成功ではなく幸福だとする智慧から、貪欲を滅して心穏やかに生きいくこと。

清富とは、何か誰かを犠牲にし泣かせ富を得るのではなく、何か誰かに貢献し、喜んでもらい富を得ることです。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,682*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。