そっ啄同機(そったくどうき)

雛が卵からかえろうとするときに、嘴で卵の内側からコツコツと突く(そつ)。

すると、耳を澄ませていた母鳥がそれに応えて同じ処を嘴でつつく(啄)。

その瞬間に殻が突き割れて、雛がかえっていく様を表した禅語です。

まさに、ブレイクスルーの様そのものです。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,698*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。