『魂の感動を与える人の条件』(2)

魂の感動を与える人の第二の条件は、
相手の葛藤し苦悩する心に共感し、傾聴し、決して自分の考えを押しつけたりせずに、慈悲の心で、相手が自身の答えを見出していく「同伴者」であることです。

善き同伴者には、人は安心して心を開き、勇気をもって自身と向かい合い表現できます。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,704*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。