『米国の病院 ある患者の詩』(3)

一昨日、昨日と配信した詩は、最後にこのように結ばれています。

私はあらゆる人の中で、
もっとも豊かに祝福されていたのだ。

この詩はニューヨーク州立病院 リハビリセンターのロビーに掛かっているそうです。

きっと多くの人を力づけてきたことでしょう。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,708*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。