利他的上機嫌の実践

研修で、「貴方にとって、上機嫌の実践とは、どういうことですか?」と質問したことがあります。

その質問に、ある方が「私と一緒にいて、楽しいな、嬉しいな、と思って貰える在り方と言動を心がけること」と答えました。

とても誠実で利他心に満ちたものを感じました。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,730*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。