国学とは?

国学とは、江戸時代後期、「古事記伝」の著書、本居宣長らによって、古事記や万葉集等を参考に日本人古来の精神文化、神道を研究していこうとする学問です。

明治以降、神道の精神を歪められ軍国主義に利用されたものを「国家神道」と呼び、純粋なる「古神道」と区別されています。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,836*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。