苦と苦悩の違い

「生・老・病・死」は仏陀が説く人生の代表的な「」です。
誰もがこの苦は避けられません。

しかし、本当に苦しいのは、その現象をどう観るかという観念がもたらす『苦悩』です。

例えば、老や死の観念に伴う焦りや恐れなどです。

「目覚めば、苦悩の悩みは消えます」。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,854*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。