日本人にとっての自己

日本人にとっての自己とは、氷山のようです。

海面上の自分という目に見える存在だけではなく、目には見えない家系や社会、さらに時空を超えた宇宙大自然という海面下に広がる大きな存在をも含めたものとして直感しているようです。

近年ブームのバワースポット巡りも、その現れに思えます。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *3,004*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。