強制収容所を生きぬいた医師の言葉

それでも人生にイエスを言う

ナチスによる強制収容所を生きぬいた精神科医V.フランクルの著書のタイトルです。

2017年に川崎市で中学生が殺害される事件が起こりました。

先日、中学時代に酷いいじめの経験を持つ青年が、その時のことを「アウシュビッツ状態」と言った言葉が私の心に刺さりました。

それでも人生にイエスを言う

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *3,043*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。