教育・共育・響育

「教育は共育であり、響育である。」と思います。

家庭教育、学校教育、社会人教育、然りです。

人を育てることは、自分を育てることです。

子供や生徒、部下にこうあって欲しいとしたら、自分がそうあることを通して型見本となって影響を与えていくことです。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *3,117*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。