やる気スイッチ

人財育成の根本は『やる気スイッチ』をおすことです。

映画「ビリギャル」のモデルとなった坪田塾の指導を見ていて思うことです。

やる気のスイッチは、指導者によって「自分の存在と目標を受けいれ、認められる喜び」からスタートします。

そこから、努力する意欲も引きだされてきます。

やる気スイッチ

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *3,144*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。