単純明快の美

単純明解に生きる。その姿は美しい。

世界的な建築家ブルーノ・タウトは日本の桂離宮を世界の建築の最高傑作と称賛し、「最も単純なもののなかに最大の美がある」と言う言葉を残しています。

必要な機能を簡潔に充たしながらも、余計な装飾を一切排した「清潔」。

生き方もこうありたいものです。

ブルーノ・タウト

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *450* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。