構想・計画・実行

楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」。

京セラ創業者 稲盛和夫氏の言葉です。

新しいことを成し遂げるには、夢と希望をもって構想する。

計画段階では起こりうるすべての問題を想定して対応策を考え尽くす。

そして、実行段階では、自信をもって、明るく堂々と実行する。

稲盛和夫

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *961* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。