白隠禅師坐禅和讃

白隠禅師坐禅和讃』をご存じでしょうか?

衆生(しゅじょう)本来仏なり 水と氷の如くにて

水を離れて氷なく 衆生の外(ほか)に仏なし

衆生近きを知らずして 遠く求むるはかなさよ

たとえば水の中に居て 渇(かつ)を叫ぶが如(ごと)くなり

長者の家の子となりて 貧里(ひんり)に迷うに異ならず

六趣輪廻の因縁は 己が愚痴の闇路なり

闇路に闇路を踏そえて いつか生死を離るべき

白隠禅師坐禅和讃

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,036* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。