六然訓

・自処超然(じしょちょうぜん)
自分自身に関しては、世俗の物事にとらわれないようにすること

・処人靄然(しょじんあいぜん)
人に接しては、相手を楽しませ心地よくさせること

・有事斬然(ゆうじざんぜん)
何か事があるときは、ぐずぐずしないできびきびとやること

・無事澄然(ぶじちょうぜん)
何も事がないときは、水のように澄んだ気でいること

・得意憺然(とくいたんぜん)
得意なときほど、静かで安らかな気持ちでいること

・失意泰然(しついたいぜん)
失意のときにも、泰然自若としていること

六然訓(りくぜんくん)

六然訓

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,132* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。