一燈照隅、万燈照国

一燈照隅、万燈照国(いっとうしょうぐう ばんとうしょうこく)」。

伝教大師、最澄の言葉です。

私は「一隅を照らす」存在で在りたい、増やしたいと心から思っています。

その上で3つの希望が燈です。

  1. 自己実現(自らの存在)への希望。
  2. 志(自らの理念)への希望。
  3. 役割(自らの分)への希望。

光が闇を消していきます。

最澄

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,166* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。