中級者に対する指導方法|山本五十六

「話し合い、
耳を傾け、承認し、
任せてやらねば、人は育たず。」

山本五十六の中級者に対する指導方針です。

まさに、コーチングのアプローチです。

鍵は話し合い、耳を傾けて対話(ダイアローグ)することです。

ここで、指導者がやってしまいがちなミスは、説教やひとり語り(モノローグ)です。

山本五十六

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,787 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。