良い加減を知る

良い加減を知ろう」。

良い加減と言うと一般的には無責任といった意味で解釈されていますが、元々は加減が良いこと、程々を表す言葉です。

お釈迦様も修行において、楽器の弦が弛んでいては音が出ず、張りすぎていると弦が切れてしまうと、程々、良い加減の大切さを説かれています。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,889 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。