上司の気配り・その2

『上司の気配り』その(2)

「手柄を一人占めしない」ことです。

自己肯定感が低く、評価を必要以上に気にする管理職にいます。

そう上司に限って、失敗は部下のせいにしがちです。

部下はいっぺんにやる気を失います。

「自分の上司は幸福と成功、成長を心から願ってくれている」と思われたいものです。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,182*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。