君子固窮 小人窮斯濫矣

『君子もとより窮(きゅう)す 小人窮すればここに濫(みだ)る』。

孔子の一段が食料さえままならない窮地に陥った際に、弟子から「君子(立派な人)も窮することがあるのですか?」と問われた際に答えた言葉です。

誰でも苦難や試練に遭遇すれば苦悩するものです。

その際、心を正しく持ち続けられるか否かが勝負です。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,210*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。