老年期の希望

老年期の希望』。

仕事に明け暮れた壮年期、私には真似たい6人のモデルがいました。

壮年期、そのモデルのスタイルを参考に、自ら立てた人生目標を達成することが希望でした。

お陰で、とても充実した壮年期を過ごすことができました。

64歳になった現在、これからのモデルがいないものです。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,215*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。