神君御遺訓

「人の一生は 重荷を負うて 遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。」

徳川家康の「神君御遺訓」の第一条にある有名な言葉です。

指導的立場にたつ子孫に向けて家康自らの人生体験に裏づけられた言葉だけで味わい深いものがあります。

重荷とは責任なことであり、上に立つ者の覚悟を感じます。

神君御遺訓

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,266* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。