お雛様への思い

祈りのお雛様』。

毎年、この時期になると応接間にお雛様を飾ります。

現在、娘も孫娘も一緒には暮らしてはいないんですが、娘や孫娘の幸福を祈って飾ります。

「祈りとは幸福を願う思いであり、その思いは届いていく」と信じています。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,291*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。