せくな、急ぐな

『せくな、急ぐな、来世もあるぞ』。

107歳で天寿を全うするまで作品を彫り続けた彫刻家、平櫛田中(ひらくし でんちゅう)の言葉です。

彼の作品には、幼児がまるで生きていて、今にも動き出しそうな、まさに生死を超越した作品があります。

翁はあの世でも、より善き作品を目指し彫り続けているんでしょうね。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,321*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。