上杉鷹山の言葉

『上杉鷹山の言葉』その(1)

上杉鷹山(うえすぎようざん)、江戸時代中期の出羽国米沢藩9代藩主です。

「民を慈しむ心さえあれば、才能の不足を心配する必要はない」。

瀕死状態にあった藩を改革によって見事に再生させた鷹山が上級管理職である郷村頭取と郡奉行に言った言葉です。

「真心は慈愛を生む。慈愛は知識を生む。真心さえあれば、不可能なものはない」と続けます。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,341*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。