『フローの5つの構成要素』その(2)

「能力と難易度」

第二の要素は、「能力と難易度のバランス」が取れていることです。

難しすぎず、易しすぎないことです。

難しすぎると「パニックゾーン」に、易しすぎると「退屈ゾーン」に陥ります。

パニックても退屈でもない「ストレッチゾーン」が大事です。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,487*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。