『海よ』高田三郎 作曲②

くらげは 海の月
ひとでは 海の星
海螢 海の馬 空にこがれ
あこや貝は 光を抱いている

そして 深く暗い 海の底では
下から上へ
まこと 下から上へ
行きは
白い雪は 降りしきる

陸では雪は上から下へ
海では雪は下から上へ
まるで、道(タオ)の図のようです。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,641*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。