『コロナの時代の僕ら』(1)

イタリアの作家、パオラ・ジョルダーノ氏の文を紹介します。

僕たちは今、地球規模の病気にかかっている最中であり、パンデミックが僕らの文明をレントゲンにかけているところだ。

パンデミックというエックス線が、文明の炎症を起こしている部位を写真に写し出してくれた。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,660*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。