六然(2)

幕末、崩れゆく幕府の要職にあって、事態収拾に尽力した勝海舟。

「とかく、人は六然と反対をやりたがる。それでは成るものも成らない」。

海舟はこの教えを心中で何度も繰り返しながら、徳川家の恥辱を最小に抑えつつ、新しい時代への橋渡し役を果たしました。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,766*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。