意味の喪失

人は相当の苦悩にも耐える力を持っているが、意味の喪失には耐えられない。

名著「夜と霧」の著者V.フランクルの言葉です。

ナチスのユダヤ人強制労働所に監禁され、生きぬき、そこでの自分自身や周りの人達の体験を精神科医の視点から体験記として出版された本です。

生きる意味は?

はたらく意味は?

V.フランクル

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *3,285

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。