鳥の目・虫の目

鳥の目・虫の目」。

何事も全体像と細部の両方を見ることが大切です。

何事も、厳密に詳細にこだわればこだわるほど全体像は不鮮明になり、反対に、全体像にばかり注目していると、細部に目が届きにくくなります。

全体像を見渡す鳥の目細部を見つめていく虫の目のバランスを取ることが大切です。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,944 –

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。