四聖諦の捉え方

四聖諦の苦、集、滅、道は、現象→原因→目標→実践 の流れです。

私なりに四聖諦を考えてみますと、

「四聖諦とは、苦は人の力ではどうすることも出来ないという諦めから、その苦を観ていく人の心の方を変えていく方法論」の様に思えます。

「まさに、諦めとは明らかにし、目覚めること」だということを実践したのが、お釈迦様であり、そのプロセスが四聖諦に思えます。

般若心経

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,121*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。