『般若心経』読みと意訳・その10

『般若心経』読みと意訳・その10

『以無所得故(いーむーしょーとくこー)

菩提薩埵(ぼーだいさつたー)

依般若波羅蜜(えーはんにゃはーらーみーたーこー)

心無圭礙(しんむけいげ)(しんむーけいげー)

無有恐怖(むーうーくーふー)

遠離一切顛倒夢想(おんりーいっさいてんどうむーそう)』。

何かを得ることがないから、菩薩たちは楽々と般若の智慧を用いて、心にかかる影もなく、恐れためらうこともなく、一切の迷いから遠く離れ、大安心の境地に至ることができるのです。

般若心経

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,122*