労働意欲の一番のエヌルギー源

「生きる意味を知って働く。さすれは、苦労も悲しみも報われる」。
ニーチェ

人生の目的が鮮明であれば、「そうだ、この為に働くのだ!」と意欲がわいて、苦労や試練さえ怖れず、求めさえするようになれるでしょう。

労働意欲の一番のエヌルギー源は「生きる意味」といえます。

ニーチェ

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *3,312*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。