上司の心配り・その4

『上司の心配り』その(4)

「部下の成長を心から喜ぶ」ことです。

私が銀行員時代、仕えた上司が「自分の仕事は君を出世させることだ」と言ったこと。

そして私が外資系研修会社で管理職になった時に、社長が「君の次の仕事は君より優秀な講師を育てること」と言ったことを今も心に残っています。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,189*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする